FXを簡単に?まずは金融取引のいろは

金融取引特徴

私たちの生活には金融の取引は欠かせませんが、この金融取引には様々な特徴が存在しています。

金融はお金を融通することであり、例えば自動車を購入する際にローンを組んだりすることも金融取引の一つですし、月の収入から生活費を引いて余った部分を銀行に預ける事も金融取引の一つになります。

この金融には大きく分けると2つの種類があり、一つは資金の出し手とその資金の借り手が直接金融取引を行う直接金融、もう一つは資金の出し手と資金の借り手の間に、間接金融となっています。

金融取引における直接金融の代表的なものは、株取引になるでしょう。
株取引で売買される株券は、企業が会社を経営する資金を集めるために発行されます。これにより、資金がない会社でも出資を募ることができ、集まった資金によって事業を拡大したり、設備投資などを行う事ができるようになります。

こうした企業の株券に対し、資金の余っている投資家などがこの株を買うことによって株主となり、自分余剰資金を提供することで、その資金の足りない企業に出資し、経営や事業拡大の手助けをするのです。

資金の提供を受けた企業は、事業拡大などで収益が上がっていくことになりますので、その収益から、株主である出資者に対して、配当金や株主優待などを払ったり、また企業の経営に対する議決権を与えたりします。

こうしたことで、株取引という金融取引を行うことにより、企業と出資者が直接に結び付けられることになり、これを直接金融と呼んでいます。

直接金融での金融取引の特徴は、得られる利益が高く、取引先も多いための好きな方法を選ぶことができるという事にあります。
また、難点としては、高いリスクを抱えているという事にあり、例えば株取引の場合などは、その企業が倒産してしまえば、出資した資金は戻ってこないというリスクがあります。


これに対して間接取引では、得られる利益は低くまた取引の選択肢も少なくなっているという部分が難点になりますが、安定した利益を得られ、またリスクが大幅に低くくなっているという特徴があります。

間接取引の代表的なものは、銀行への預金になります。
まず預金者と銀行の間に、資金を預ける側と資金を受ける側の取引が行われます。そして、銀行と融資を受けたい企業や個人のとの取引が行われます。

これにより、預金者と融資を受けたい企業や個人との間に銀行という媒介者が入り、企業や個人が資金とともに返済する利子が、銀行を介して貯金者に金利としてもたらされるのです。